当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

部署のご紹介

看護部

看護部長 竹内由美
看護部長 竹内由美
「自分らしく。まっすぐに。看護の道を究めたい。」
のろまなカメも、飛び跳ねるウサギも目的地にはたどり着きました。
他人と比べる事無く、自分らしさを大切にした看護。
地域住民の疾病予防から、スピードが問われる急性期看護まで、自分のライフステージに合わせて選択できます。
看護師として輝く!母として輝く!妻として輝く!女性として輝く!
生涯の仕事として看護師を続けていたいと考えます。
一度しかない人生、少し欲張って全てにチャレンジです!!
揺るぎない使命感。
それは、他職種からなるチーム医療、病院という資格者集団の中で、患者様の最善の選択を支援したいという想いはひとつ。
対等な立場で意見交換ができる職場づくりを目指しています。
「なくては成らない人材」に、誰もが活躍できる舞台があります。

地域医療の基本は、
「365日24時間いつでも誰でも診療できる体制」ととらえています。
地域住民の疾病の治療はもとより、疾病の予防、健康の回復、維持のために職員一丸となり取り組む姿にあると考えます。
その中の看護部はもっとも多くの職員を有する部門であり、最も患者様に近い位置に、長く寄り添う専門職です。
医療が高度化する中、看護師に求められる能力も多岐にわたっています。
安全で安心できる医療・看護の実践こそが地域サービスの根源であると確信しております。
地域に、求められる病院としての手ごたえを感じながら、ひとつでも多くの命を救いたい、地域に求められる医療を提供したい、私たち看護師だからできることがある。
板橋中央総合病院はそれが実現できる職場です。

詳しくは看護部サイトをご覧ください。
板橋中央総合病院看護部

薬剤部

薬剤部長 山内 泰一
薬剤部長 山内 泰一
薬剤部では、医薬品による事故を防ぐという観点から自動化できることは自動化をしています。
電子カルテ内の処方に関する情報を利用できる全自動錠剤分包機や散剤監査システムを導入しています。注射薬調剤にも電子カルテに接続された注射薬自動払出システム(アンプルピッカー)を導入しています。このように、飲み薬の処方や注射の指示内容を薬剤部内の機械に連動させて利用することで、安全に効率よく患者さまの薬物療法に参画しています。
また、がんの薬物治療においては、抗がん剤の調製は、すべて薬剤師が安全キャビネットを用いて混合しています。そして全病棟に薬剤師を配置し、患者さま中心の医療において薬の専門家として業務に取り組んでいます。
薬剤部
調剤業務
主に入院患者さまの内服薬・外用薬などの調剤を行っています。
当院は電子カルテを導入しているので、そこに連動する形で調剤支援システムや散剤監査システムの導入をしています。
このシステムにより、お薬の禁忌、相互作用や取間違え防止策などを講じることができ、安全で且つ速やかに患者さまの元へお薬が届くように取り組んでいます。
調剤業務
注射調剤業務
入院患者さまの翌日分の注射薬を、注射処方箋に基づき個人別に調剤を行い、各病棟へ搬送しています。
注射薬は配合変化(沈殿、析出、力価の低下など)の注意点も多く、また適正使用(溶解方法、投与方法や速度の注意など)や重複投与の防止を処方監査時に確認し、より安全かつ適に使用できるよう努めています。
薬剤部では注射薬の個人セットにおいてインシデントのリスク回避と看護部への注射セットの安定供給、調剤業務効率の改善を目的に平成16年8月より注射薬自動払い出しシステム(アンプルピッカー)を導入いたしました。
その結果としてアンプル、バイアルのピッキングに関連するインシデントは減少し、安定した注射セットの供給が可能になりました。
注射調剤業務
無菌製剤業務
クリーンベンチ(無菌キャビネット)により入院患者さまの高カロリー輸液の基本液のミキシング(混合調製)やその他薬剤のミキシングを行っています。
また外来・病棟で使用する治療上必要であるが市販されていない点眼薬や吸入薬などを院内製剤としてクリーンベンチ内で無菌的に調製しています。
無菌製剤業務
化学療法室業務
当院では、抗がん剤による医療過誤防止の観点から化学療法専用の調製室を有しています。
化学療法委員会に提出されたレジメンの管理と、そのレジメンに基づいた投与量、投与間隔や速度などのチェックをしてから調製を行うことで、適正使用にも寄与しています。
抗がん剤は、細胞毒性を有するため、調製者の暴露を避けるため、セーフティーベンチ(安全キャビネット)を用いてミキシングを行っています。さらに、投与時における点滴ルートの接続の際にも、少なからずとも暴露の危険性が伴う為、安全に接続できる専用のルートも使用しています。
また、患者さまへ投与スケジュールや副作用等の説明を行い、より安心して治療を受けていただけるように取り組んでいます。
化学療法室業務
持参薬管理センター
予約入院患者さまが使用されている医薬品の内容やアレルギー・副作用歴の確認を、病棟に上がる前に実施することで、より早く安全な持参薬管理を行うことを目的として取り組んでいます。
現在のところ、外科・心臓血管外科・整形外科の予約患者さまに限って運用しておりますが、より多くの診療科に対応できるよう進めているところです。
持参薬管理センター
病棟薬剤師業務
各病棟に担当の薬剤師を配置し、ベッドサイドでの服薬指導(お薬の説明や相談など)や副作用のチェック、薬剤管理、医師などへの医薬品情報の提供などを行っています。
また、カンファレンス等にも参加し、医師・看護師や他のスタッフと共に、医療チームの一員として情報を共有化し、患者さまに最も適した薬物療法を、安全にかつ安心して受けていただけるように取り組んでいます。
病棟薬剤師業務
お薬相談室
お薬に関する疑問やお悩みについて、気軽にお尋ね頂けるように、C館1階注射室前に相談室を設置しております。当院を受診した患者さまに限らず、来院された方々どなたでもご利用可能となっておりますので、お気軽にお立ち寄りください。

検査科

検査科技師長 早川 幸浩
検査科技師長
早川 幸浩
当院検査科では、入院・外来を問わず臨床検査技師が採血業務を行っており、血液検査・尿検査・生理機能検査・内視鏡検査・超音波検査などを50数名のスタッフが迅速かつ正確なデータを提供しています。
また院内のチーム医療にも積極的に参加しており、糖尿病教室やNST(栄養サポートチーム)の担当もしております。
検査科
主な検査項目
検体検査 一般検査(尿・便・穿刺液)
血液検査
細菌検査
病理検査
生理検査 心電図検査・筋電図検査・肺機能検査・聴力検査
心臓超音波検査・腹部超音波検査・熱画像検査
皮膚灌流圧検査・脳波検査など
内視鏡検査 消化管内視鏡検査・治療 (胃内視鏡・大腸内視鏡・経鼻内視鏡)
胆膵内視鏡検査・治療 (ERCPなど)
気管支鏡検査など
小腸カプセル内視鏡

栄養科

栄養科次長 伊地知 洋司
栄養科次長
伊地知 洋司
栄養科は管理栄養士13名、栄養士17名、調理補助11名の合計41名(平成22年)で構成されております。
厚生労働省が定める入院時食事療養(I)を実施する施設として、入院患者さま一人ひとりの病態に応じた食事の提供・栄養管理を行っております。選択食メニューや季節の食材を使った行事食、嗜好調査を頻回にわたって行うなど病院食のイメージを払拭するために日々努力しております。
また、栄養状態の悪い患者さまの早期回復を目指してチーム医療を行うNST(栄養サポートチーム)をいち早く導入し、より効率的に患者さまの栄養管理を行っております。
外来業務としては、高血圧や糖尿病などの慢性疾患に必要な食事療法を長期に渡ってサポートする個別栄養指導、生活習慣病の予防という概念で動き出した特定保健指導を行っております。
また一般の方も参加できる栄養教室、医師・看護師・薬剤師らと共同で行っている糖尿病教室など、食事療法の有用性について気軽に学べる環境づくりを目指しております。
スタッフ一同それぞれが熱意を持って業務を行っております。食事についてご意見・ご質問などございましたら、お気軽にお尋ねください。

臨床工学科

臨床工学科技師長代行 道小島 明美
臨床工学科技士長
道小島 明美
当院の臨床工学科は、大きく分けて手術室、心臓カテーテル室、血液浄化療法、院内機器管理の四部門の業務に、総勢42名の臨床工学技士が従事しています。
手術室業務は、主に人工心肺やIABPなどの補助循環装置の操作、記録、保守と内視鏡下手術の介助などを行っています。心臓カテーテル室業務では医師の介助やポリグラフの記録、PCPSなどの補助循環も施行しています。48床を有する腎臓病センターでは慢性維持透析患者さまの血液透析が主ですが、血漿吸着などのアフェレーシスにも臨床工学技士が積極的に携わっています。 院内機器管理は患者監視装置、輸液・シリンジポンプ、人工呼吸器などを中心した保守・管理を施行し、医療機器の安全と信頼性の維持に努めています。その他の業務として、高圧酸素治療にも臨床工学科として関わっています。
臨床工学科

放射線科

放射線科統括技師長 須藤 英明
放射線科統括技師長
須藤 英明
当放射線科の主な特徴は、次のようなものがあります。
診療放射線技師は先進機器を操り、さまざまな疾患の診断や治療になくてはならない画像の撮影、構築を通してチーム医療の一翼を担っております。専門性を生かした技術を磨き、安全に、患者さまにやさしい検査の実践を心掛けております。


  • X線(レントゲン)撮影は病変の発見から経過観察までデジタル装置により即座に画像確認ができます。
  • X線CTは詳細な画像を高速で広範囲に撮影する事が可能となり、わずかな息止めで、低被ばく検査ができます。
  • MRIでは日々進化する撮影法に遅れることなく診断に有用な技術を探求し、疾患に適した画像提供をいたします。
  • 血管撮影室では診断のみならず、血管内治療(IVR)で患者さまの治療(緊急を含む)も行っています。
  • 女性特有の疾患(乳房・子宮卵管等)の撮影は女性の放射線技師が担当致します。
  • 核医学(RI)検査はCTやMRIにおける形態画像では分からない臓器の機能も知ることが可能です。
  • 放射線治療では最新機器により腫瘍のみへ放射線を集中照射し、正常組織の被ばくを軽減しつつ根治性を高める事ができます。
診断に関してご不明な点はお気軽にご相談ください。

放射線科
当院で行っている検査

各検査の詳細は院内設備・検査機器等のページをご覧ください。

放射線予約直通番号
03-3967-1197(CT、MRI、RI、骨密度測定等の検査予約)

リハビリテーション科

リハビリテーション科技師長 角本 貴彦
リハビリテーション科技師長
角本 貴彦
心臓リハビリテーション開始!多種多様な疾患に全力で対応いたします!
急性期のリハビリテーションはその後の患者様の機能・能力回復を左右し、また、回復期、生活期医療にスムーズに移行していくための大変重要な役割を担っています。患者様の疾病の回復状況に合わせ、充分なリスク管理の元、早期より積極的なリハビリテーション介入を行なっていきます。全てのスタッフが目の前の患者様に対し、既存の方法論にとらわれず、常に最善の方法を摸索しつづけることをモットーとしております。今年度より「心大血管リハビリテーション」「がん患者リハビリテーション」という施設基準を取得し、必要があればどのような患者様にも対応できる体制を整えました。地域に根ざした『まず愛し、愛される病院』を目指し、スタッフ一同邁進していきたいと考えています。
リハビリテーション科
施設基準 脳血管リハビリテーション(Ⅰ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
心大血管リハビリテーション(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション
専門職種 理学療法士:40名
作業療法士:12名
言語聴覚士:5名
その他資格者 呼吸療法認定士:9名
心臓リハビリテーション指導士:2名
介護支援専門員:1名
心大血管のリハビリテーション
心大血管のリハビリテーション
心臓、血管はエネルギーを血液に乗せて全身に運ぶための大切な臓器です。これが障害されると、体力低下など、生活能力に影響を及ぼすことがあります。二度と同じ病気にならないための生活のコツを指導したり、有酸素運動などを通じて、臓器に負担をかけない運動機能を作るお手伝いをしていきます。
整形外科のリハビリテーション
整形外科のリハビリテーション
骨折や腰痛などの整形外科疾患は、直接歩行などの動作を障害します。手術や痛みのコントロールなど医学的処置に加えて、リハビリテーションを行うことで、個々の患者様が、運動機能を最大限に発揮できるよう、評価、訓練を行います。入院中から外来まで、しっかりサポートいたします。
呼吸器のリハビリテーション
呼吸器のリハビリテーション
肺は「酸素」という人間が生きるために必要なエネルギー源を体の中に取り込む重要な臓器です。障害されると、息苦しさ等により日常生活に影響がでることがあります。呼吸機能は運動機能であるとも捉えることができ、呼吸療法を行うことで息苦しさの改善や、日常生活が送りやすくなるお手伝いをいたします。
脳卒中のリハビリテーション
脳卒中のリハビリテーション
脳が障害されると、体の動きに影響がでたり、感覚、思考能力、遂行能力、言語能力、摂食能力など様々な障害を生じることがあります。脳機能の回復を促すと同時に、生活できる能力の獲得をめざし、発症早期より介入いたします。患者様それぞれに合ったリハビリテーションを提供するため、能力評価、訓練を行います。
がん患者へのリハビリテーション
がん患者へのリハビリテーション
がん患者様の手術後の回復支援、放射線治療、化学療法を行う方の筋力低下予防等、がん治療の全ての段階においてリハビリテーションを提供しています。痛みが生活能力を低下させることもあり、疼痛緩和チームと連携した介入も行います。自宅での生活を念頭に置き、多職種で包括的に関わります。
内臓疾患へのリハビリテーション
内臓疾患へのリハビリテーション
入院している患者さまは、何らかの原因により安静を強いられ、特に高齢者では体力、運動能力が著しく低下することがあります。内臓の病気も同様です。「入院前の生活に戻す」ために、栄養サポートチームと連携を取り、多種多様なご病気を患った患者様にリハビリテーションを提供できる体制をとっています。
専門サイトのご案内

健診科

常勤医師の紹介
医員 専門分野 専門医認定/資格など
堀場 伸郎 日本内科学会認定医・専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本人間ドック学会認定医・人間ドック指導医
日本総合健診医学会・日本人間ドック学会人間ドック健診専門医

医療福祉相談室

 医療福祉相談室係長 大野 貴子
医療福祉相談室係長
大野 貴子
医療福祉相談室では医療ソーシャルワーカー(Medical Social Worker 略MSW)が患者さまのご相談にお伺いしております。
MSWは医療機関等で医師、看護師など様々なスタッフと共に医療チームの一員として社会福祉の観点から患者さまに関わる、社会的・心理的・経済的な悩みなどの相談を受け、問題解決のお手伝いをしている専門職です。また地域の医療・保健・福祉機関との連携をとりあい、社会復帰や在宅療養への準備を行っております。
  • 医療福祉相談室は病気や怪我によって生じる様々な医療福祉的な問題を取り扱います。
  • 相談は来談者の事情や状況に応じてベッドサイドや救急外来にも出向きます。
  • 来談者が直面する問題に私たちが関わることで「これだったら何とかやっていける」と感じて、自身の問題に現実的な折り合いをつけられるよう、一人ひとりを大切にした関わりを心掛けております。
相談内容
例えば・・・
  • 経済的な心配
  • 自宅退院するにあたっての情報提供
  • 医療制度について
  • 他の医療機関、施設の情報提供
  • 介護保険制度について知りたい
  • 入院生活の不安について
  • ○○の制度について知りたい
  • 退院後の生活について
  • 精神的な悩み、生活への不安について
場所 板橋中央総合病院 B館 1階
開室時間 8:30〜17:30(但し土曜日は12:30まで)
※日曜・祝日は行っておりません。
ご連絡・ご依頼方法 ご相談は直通TEL03-3967-3192へお電話いただいた上でB館1階医療福祉相談室へお越しください。
また主治医を通してご相談のご依頼もいただくこともあります。
<ご注意>
午後は相談が混み合います。
相談時間を充分にお取りするため、できれば事前にご連絡をいただき、面接のお約束をさせていただければと思います。

事 務

事務長 新山 輝
事務長 新山 輝
超高齢化社会を迎え、健康に対する関心は高まり医療機関への期待と要望はますます強くなってきました。病院は今まで以上に特徴(治療方法・成績・スタッフ・設備等) について情報を積極的に開示し、患者さまに理解していただくことが求められていると感じています。
当院は患者さまの情報収集の場としてホームページの作成に力をいれ取り組んでまいります。当院のホームページが患者さまにとってよりよい治療を選択していける一助になればと思います。それとともに医療の質、療養環境の整備、応対接遇等の向上について取り組み、より満足度の高い医療サービスを提供していきたいと考えます。
皆様からのご意見をお待ち申し上げております。

医事課

私たち医事課は総合受付、各科外来窓口、各病棟フロアなどで130名のスタッフが患者様の応対接遇や会計業務を行っております。
私たちは直接的な治療に携わる事はありませんが、患者様やご家族様の不安を少しでも和らげることが出来るよう、スタッフ一同患者様の立場に立った応対を心がけております。
お気づきの点やお困りの事がございましたら、お近くの医事課スタッフにお声掛けください。

地域健康相談室

地域健康相談室は地域住民の健康管理を目的とした公開医療講座の開催や広報紙「プラザイムス」の発行等を定期的に実施したり、地域の住民や企業に対してインフルエンザ等の予防接種や定期健康診断を受けていただくようご案内しています。
また、院内の案内標識や掲示物、病院ホームページの管理運営も行い患者様への情報発信にも力をいれてまいります。

中央病歴管理室

私たち中央病歴管理室では、診療情報管理士7名とその他専任の職員4名で業務を行っております。主な業務内容は、退院された患者さまの診療情報を保管・管理することです。
また、各種調査データの集計や統計資料作成なども行っております。診療情報は、患者さまの大切な個人情報であるとともに、病院にとっても大切な財産です。私たちは、患者さまに直接接する機会が少ない部署ですが、患者さまの大切な情報を適切に扱うよう努めて行きたいと思います。

施設部

施設部 顧問 山田 忠治
施設部 顧問 山田 忠治
施設部は、病院の建物本体と電気・空調・給排水・医療ガス・駐車場等各設備の維持管理・院内環境管理・エネルギー管理を主業務とし、設備機器の日常保守・予防点検・計画修繕により突発的な故障の撲滅を目指し、院内の日常に発生する依頼事項・小修繕へも迅速に対応しております。
また、地球温暖化防止のため、患者様のご理解とご協力のもと院内環境を維持しながら節電を軸にCO2削減を実行しております。