当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

お薬について

お薬について

お薬について

板橋中央総合病院では「医薬分業」を行っております。
入院中の患者さま、夜間救急外来患者さま、交通事故で受診されたの患者さま(一部を除く)、保険外診療の患者さま(一部を除く)以外にお薬が出る場合は院外処方せんとなります。

医薬分業とは

病院では患者さまに直接お薬をお渡しせず、『院外処方せん』を発行します。
患者さまはこの『院外処方せん』を街の薬局に提出し、薬剤師に調剤してもらい、お薬を受け取ることを言います。
これによって医師と薬剤師の2人の専門家が医薬品の使用を二重でチェックし、お薬の効果や安全性をより一層高めようという制度です。

院外処方せん

院外処方せんとは、お薬を医院や病院などでもらうのではなく、街の保険薬局で調剤してもらうための処方せんのことです。
薬局では、患者さまに対して安心してお薬を服用していただけるように、各個人についてお薬手帳(服用した全てのお薬の記録簿)を作成しており、複数の病院・医院からもらったお薬や市販のお薬との重複や飲み合わせによる副作用の防止等の安全性チェックを行っています。また、お薬についての十分な説明や服薬時の注意事項等についても指導しております。

【 注意 】
『院外処方せん』の有効期間は、通常発行の日から4日間です。旅行などで有効期間に薬局へ行けないなどの事情がある場合は医師に伝えてください。

薬局(院外の調剤薬局)

調剤薬局は、患者さまに自由にお選びいただけます。かかりつけ調剤薬局は以下の条件を考慮してお選びください。
  • 「処方せん受付」「保険薬局」「保険調剤」などの表示がある
  • 気軽に行くことができる
  • 安心して相談できる
  • お住まいや駅に近く、通いやすい

調剤薬局がどこにあるかお探しの場合は、下記のリンクから院外薬局を探すことができます。


東京都薬局機能情報提供システム

http://www.himawari.metro.tokyo.jp/qq/qq13tomnlt.asp