当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

外来診療受診方法

受診の流れ

  • はじめて初診の方

    初めて当院を受診される場合は保険証を持ってE館1階総合受付窓口までお越しください。

  • 2度目以降再診の方

    2度目以降の受診の場合は、自動再来受付機で受付願います。

  • 紹介状あり紹介状をお持ちの方

    初診受付の際に紹介状を持って、C館1階地域医療連携室までお越しください。

    詳細は地域医療連携室をご覧ください。

各診療科

順番にお呼びしますので、待合にてお待ちください。

検査

画像検査、採血・採尿、心電図など

診察室

診察券を
お持ちの方

自動精算機

診察券を
お持ちでない方

会計窓口

※紹介状をお持ちでない初診の方には選定療養費3,000円(税別)をご負担していただいております。
(対象外の場合もございます)
選定療養費についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

受 付

  • はじめて初診の方

    E館1階総合受付へ

    E館1階総合受付へ

    ※小児科/眼科/皮膚科/形成外科・美容外科に受診の方は、板橋セントラルクリニック受付へお越しください。

  • 2度目以降再診の方

    自動再来受付機へ

    自動再来受付機へ

    ※自費・労災・事故で再診の方は総合受付へお越しください。

  • 紹介状あり紹介状をお持ちの方

    C館1階地域医療連携室

    C館1階地域医療連携室

    ※小児科/眼科/皮膚科/形成外科・美容外科への紹介状をお持ちの方は、板橋セントラルクリニック受付へお越しください。

自動再来受付機の使い方

自動再来受付機の使い方
  1. 1
    診察券を入れる。
  2. 2
    画面にふれ、
    (1)受診する科
    (2)内容(診察→医師指定や投薬、処置など)を選ぶ。
  3. 3
    他の科も受診する場合は、
    「ほかの科」をふれる。
    (その後の操作は【2】と同じです)
  4. 4
    画面の右上の受付内容を確認し、よろしければ「終了」をふれてください。
    診察券が戻り、受付票が控えとして出てきます。

<ご注意>

自動再来受付機は診察券の磁気を読み取り受付しますので、それまでの使用状況により磁気が無効になっている場合、再来機は反応しません。その場合、総合受付にお申し出ください。新しい診察券とお取替えいたします。

会 計

  • 診察券をお持ちの方

    自動精算機での会計
    (自動会計コーナー・E館3台)

    自動精算機での会計(自動会計コーナー・E館3台)

    診察券を自動精算機に投入し、画面と音声の指示に従ってお会計をお願いします。

  • 診察券をお持ちでない方

    会計カウンターでの会計

    会計カウンターでの会計

    診察券を会計窓口のボックスにお出しください。
    順番にお名前をお呼びいたします。
    呼ばれた方は窓口にてお会計をお願いします。

診察券をお持ちの方はどちらでもお会計ができますので、空いている方をご利用くださいませ。
受付票のバーコードを読み取らせてのお会計も可能です。
自動精算機でエラーが発生した場合は、お近くの職員にお声掛けください。
その場合は会計カウンターでの手続きに変更する場合もございます。

初診時の選定療養費

初診時の選定療養費とは国が「病院と診療所の役割分担を推進するために定めた制度」で、患者さまが他の医療機関からの紹介状を持参されずに200床以上の病院(当院は579床)を受診された場合に、健康保険の初診料とは別に徴収させていただく医療費のことです。
当院では、平成26年4月1日より、消費税率の改定ならびに厚生労働省の指導による高度医療の提供と機能分化の推進のため、初診時の選定療養費を3,000円(税別)に変更させていただきます。
何卒、ご了承くださいますとともに、今後とも変わらぬご愛顧のほど賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

次に該当する方は初診であっても、初診時の選定療養費はいただきません。

  1. 救急車で当院に搬入された方
  2. 生活保護による医療扶助の対象となる方
  3. 特定疾患等各種公費負担制度受給対象の方
  4. 労働災害・公務災害で受診の方
  5. 今回受診する診療科は初めてであるが、別の診療科に継続して通院中の方
  6. 他の医療機関より紹介状を持参された方

次のような場合には、初診となり初診時の選定療養費3,000円(税別)をご負担いただきます。

  1. 他の医療機関より紹介状を持たずに初めて受診する場合
  2. 今回の受診が、今までの診療と同一病名同一症状であっても、患者さまで任意に診療を中止して1ヶ月以上経過した場合。
  3. 傷病が一旦治癒もしくは治癒に近い状態までになり、その後再発した場合
  4. 急性病名のみの場合(風邪をひいて受診したあと、2ヶ月後に打撲で受診した場合など)

交通事故でおかかりの患者様へ

  • 原則的に受診された患者さまに対して(被害者・加害者関係なく)費用を請求いたします。
  • 一般的に相手がはっきりしている交通事故は、自賠責保険を優先して治療の費用を算定いたします。
    (車両が関係した事故に限ります)
  • その場合、任意保険の加入があれば治療費の請求を病院と保険会社で直接行い「一括請求」という請求方法を採用する場合もございます。ただし、警察署へ提出する診断書以外の診断書料は患者さまの自費でお支払いいただくことになります。
    (自賠責保険の適用範囲外、保険会社の担当者のご相談いただき、保険会社より病院へ連絡くださるようお願いいたします。)
  • 健康保険証の使用を希望される場合は、各科受付に保険証をお見せの上、その旨をお申し出ください。
    (保険者へ第三者行為届の手続きをお願いいたします)

仕事上の理由のケガ、病気をされた患者さまへ(労災)

【受診の流れ】

  1. 受傷
  2. 自費にて診察
  3. お勤め先へ労災の申し出
  4. 労災様式記入
  5. 受診した科へ提出
  6. 自費治療費の返金(領収書を必ずお持ちください)

【労災様式について】

業務上の病気、ケガ
労災様式第5号
通勤災害
労災様式第16号の3
病院を変更して受診する時
労災様式第6号
(通勤災害の場合は、
労災様式:6号の4)

などがあります。各科受付へご提出願います。


  • お仕事が原因による疾病については、健康保険は使用できません。(健康保険法による)
  • 自賠責保険、労災または自費での診療となります。
  • 通勤災害などについては、自賠責保険適用の場合もございます。
  • 労災様式をお持ちの際は、お手持ちの領収書と一緒に各科診療受付へお申し出ください。

被災者の方の受診について

この度の東日本大震災により、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

医療機関を受診した際に窓口負担が免除となるためには、免除証明書の提示が必要となる場合がございます。免除証明書の発行については、ご加入の各健康保険にお問い合せください。
詳細についてはこちらをご確認ください。

外来受付時間、休診日

診療時間および受付時間は、診療科によって異なります。詳細は各科の「外来担当医表」または、お問い合わせください。

板橋中央総合病院
03-3967-1181(代表)
板橋セントラルクリニック
03-3967-1268(代表)

休診日

日曜日・祝日・年末年始