当院は東京都板橋区にあるIMSグループの病院です。
厚生労働省臨床研修指定病院 日本医療機能評価機構認定病院 東京都がん診療連携協力病院

ごあいさつ

ごあいさつ

更に教育の整備、
福祉の充実を図って地域貢献を

理事長 中村 哲也
Tetsuya Nakamura
医療をとりまく環境は、高齢化社会、疾病構造の変化や患者ニーズの多様化など大きな変貌の時を迎えています。私どもIMS(イムス)グループでは創設以来「愛し愛されるIMS」を理念に、医療提供者であるスタッフの心が常に“for the patient”になる事を目標にかかげてきました。
そのIMSグループの基幹病院である当板橋中央総合病院は、高度先進医療機器やコンピュータによる設備管理といったハード面の充実だけでなく、全スタッフが最高の医療技術とコミュニケーションを患者さんやその家族一人ひとりに提供し、安心して医療を受けていただけるよう努力しているものであります。
今後はさらに教育の整備や福祉の充実を図り、地域医療に一層の貢献を果たしたいと願っております。

院 長新見 能成Yoshinari Niimi

院 長 新見 能成

  • 役職
  • 院長、麻酔科部長
  • 出身大学
  • 順天堂大学
  • 卒業年度
  • 昭和55年卒
  • 主な勤務病院
    • 順天堂大学麻酔学教室講師
    • 帝京大学附属市原病院助教授
    • 帝京大学附属板橋病院助教授
    • 板橋中央総合病院 麻酔科 平成17年4月入局
  • 資格
    • 日本麻酔学会指導医
    • 日本麻酔学会代議員
    • 厚生労働省麻酔科標榜医
    • 日本医師会認定産業医
    • 日本心臓血管麻酔学会理事
板橋中央総合病院には3つの大きな使命があると考えております。一つは地域の急性期病院として患者さまのニーズを第一に考えた医療サービスを提供すること。一つはエビデンスに基づいた医療を豊かな人間性の中に提供できること。一つは臨床研修指定病院として良質な医師を育成することです。私たちは、多くのグループ病院を有する利点を十分に活かし、これらの目標を高い水準で達成することを約束します。
日本の医療システムは転換期にあります。しかし板橋中央総合病院はそうした中でこそ『安全で最適な医療を提供し、「愛し愛される病院」として社会に貢献する。』という基本理念をしっかりと温めて活動します。医療スタッフ一人一人が信用を共有財産とし、常に新しい知識と技術を求め、医療提供者としての良心に基づいてチームワークを発揮します。先進的な医療を安全に提供できる病院として患者さまや地域の医療機関など、私たちと関わるすべての人たちから信頼され、愛される医療サービスを提供していきます。
板橋中央総合病院には3つの大きな使命があると考えております。一つは地域の急性期病院として患者さまのニーズを第一に考えた医療サービスを提供すること。一つはエビデンスに基づいた医療を豊かな人間性の中に提供できること。一つは臨床研修指定病院として良質な医師を育成することです。私たちは、多くのグループ病院を有する利点を十分に活かし、これらの目標を高い水準で達成することを約束します。
日本の医療システムは転換期にあります。しかし板橋中央総合病院はそうした中でこそ『安全で最適な医療を提供し、「愛し愛される病院」として社会に貢献する。』という基本理念をしっかりと温めて活動します。医療スタッフ一人一人が信用を共有財産とし、常に新しい知識と技術を求め、医療提供者としての良心に基づいてチームワークを発揮します。先進的な医療を安全に提供できる病院として患者さまや地域の医療機関など、私たちと関わるすべての人たちから信頼され、愛される医療サービスを提供していきます。

副院長塚本 雄介Yusuke Tsukamoto

副院長 塚本 雄介

  • 役職
  • 内科統括部長、腎臓内科
平成23年2月から赴任しております。専門の腎臓内科では30年以上のキャリアがあり、現在では内科全体の統括も担当しております。当院の特徴は、医療のほぼ全領域で地域の疾病の診療にあたることが出来る、という点です。その中でも内科には、各医師の専門分野にとらわれず患者様の病状を全体的に把握して疾病の治療にあたることが要求されているため、患者様の苦痛が解決されていないにも関わらず「〇〇科では異常ありません」と言って、診療を途中でやめることはあってはならないと考えております。勿論、急性期の総合病院として優れた各専門分野の医療技術も駆使して疾病の治療にあたらせて頂きます。
平成23年2月から赴任しております。専門の腎臓内科では30年以上のキャリアがあり、現在では内科全体の統括も担当しております。当院の特徴は、医療のほぼ全領域で地域の疾病の診療にあたることが出来る、という点です。その中でも内科には、各医師の専門分野にとらわれず患者様の病状を全体的に把握して疾病の治療にあたることが要求されているため、患者様の苦痛が解決されていないにも関わらず「〇〇科では異常ありません」と言って、診療を途中でやめることはあってはならないと考えております。勿論、急性期の総合病院として優れた各専門分野の医療技術も駆使して疾病の治療にあたらせて頂きます。

副院長畑中 正行Masayuki Hatanaka

副院長 畑中 正行

  • 役職
  • 救急診療部部長
2013年4月より副院長に就任いたしました。外科および救急部を中心に担当させていただきます。私は大学卒業後大学病院を皮切りに20年以上にわたって癌や腹部救急疾患などを扱う外科診療に従事してまいりました。当院は24時間手術可能な最新鋭の手術室、ICU、CCU、人工透析設備を有し、城北地区、埼玉県南部の救急医療の一翼を担う高度2次救急指定病院です。従って、その課せられた責任は多大なるものがあると考えています。今困っている患者さまを助ける救急医療はまさに医療の原点であり、当院の目指すべき方向でもあります。多くの地域の皆様に当院を利用していただき、満足していただけるよう尽力する所存です。どうぞよろしくお願いします。
2013年4月より副院長に就任いたしました。外科および救急部を中心に担当させていただきます。私は大学卒業後大学病院を皮切りに20年以上にわたって癌や腹部救急疾患などを扱う外科診療に従事してまいりました。当院は24時間手術可能な最新鋭の手術室、ICU、CCU、人工透析設備を有し、城北地区、埼玉県南部の救急医療の一翼を担う高度2次救急指定病院です。従って、その課せられた責任は多大なるものがあると考えています。今困っている患者さまを助ける救急医療はまさに医療の原点であり、当院の目指すべき方向でもあります。多くの地域の皆様に当院を利用していただき、満足していただけるよう尽力する所存です。どうぞよろしくお願いします。

副院長加藤 良太朗Ryotaro Kato

副院長 加藤 良太朗

  • 診療科
  • 内科(総合診療科)
2015年9月に副院長として赴任いたしました。内科(総合診療科)を担当させて頂きます。当院に赴任する以前は、米国にて14年間、総合内科、集中治療、そして患者安全などを主に研鑽を積んでまいりました。海外に出て初めて知ったことの一つに、日本に帰国したときに感じる何とも言えない「安心感」があります。その理由はさまざまでしょうが、その一つには安全性というものがあると思います。当院では、患者様、そしてそのご家族の方々に「板中に来たからもう安心だ」と感じて頂けるような病院作りを目指しております。また、当院は、厚生労働省臨床研修指定病院です。内科(総合診療科)では、国内外で活躍するスタッフのもと、比較的若い医師が特に多く診療にあたります。皆、厳しい選抜を勝ち抜いてきた、最高の医療を提供したいという気持ちは誰にも負けないような医師達です。患者様そして地域の為に精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。