板橋中央総合病院 Itabashi Chuo Medical Center
ソケイヘルニアはどんな病気?どうしてなるのですか?
人間の内臓は“腹膜”という袋で包まれています。さらに外側を筋肉が包み、この袋が飛び出すのを防いでいます。
ちょうど大きな水風船の入ったバケツの様なものです。
バケツの底に弱い部分があると、圧力で穴が開き、そこから風船が飛び出してきます。
人間の体も同じです。人間の“バケツの底”は肢の付け根辺りにあります。
この部分はもともと筋肉が弱かったり、隙間が開いています。
ここの部分に穴が開き、腹膜と一緒にお腹の脂肪や腸が飛び出すと、ぷっくりと膨れてきます。
これが“ソケイヘルニア”です。
俗に言う脱腸ですが、子供だけの病気ではありません。

先天的な要因・・・生まれつき筋肉の隙間から腹膜が飛び出している場合。
年齢的な要因・・・年齢とともにおなかの筋肉が弱くなる場合。
環境的な要因・・・職業や習慣でおなかに力を入れることが多い場合。

ソケイヘルニアは「バケツと風船」の関係に似ています。
◆実際のソケイヘルニアの模式図です(男性の場合です)◆
  この絵の向かって右側のソケイ部は正常です。向かって左側のソケイ部にヘルニアを起こしています。
この絵の場合、睾丸につながる管が筋肉を貫く穴が、ヘルニアを起こしている方は大きく広がってしまい、ここから腹膜が飛び出しています。
 

Copyright Itabashi Chuo Medical Center All Rights Reserved