板橋中央総合病院 Itabashi Chuo Medical Center
どんな治療をしますか?
Kugel patch(クーゲルパッチ)法

バケツの底に穴が開いていたら、あなたならどうしますか?
そう、その穴をふさげばいいのです。
バケツの内側からパッチをして穴をふさぐように、ソケイヘルニアも筋肉と腹膜の間に人工のメッシュシート(Kugel patch:クーゲルパッチといいます)を置いて、穴をふさぐ手術をします。
通常3cm程度の傷があれば、このメッシュを入れることが可能です。
当院でもこの最新のKugel法での手術が可能です。しかし、状況に応じてその他の方法(単純縫縮、Mesh plug、腹腔鏡下手術など)も選択します。
いずれにしてもただひとつの手術方法に拘ることなく、患者さまの要望や病状に応じて最適と考えられる方法を選択します。

Kugel patchのイメージ

通常1週間程度は運動や持続的に腹圧のかかる動作は控えてもらいます。
日常生活の範囲内での動き、旅行、運転などは退院後より支障ありません。

Copyright Itabashi Chuo Medical Center All Rights Reserved